音声が認識されず、Errorメッセージが出てしまいます

音声認識がうまくされない理由として以下が考えられます

①入力のタイミング:マイクの表示がONになった時に発声してください。タイミングが早すぎると音声がキャッチされない場合があります

②声の大きさ:マイクの音声認識表示が真ん中ぐらいが適正な音量です。声が小さすぎたり、または大きすぎると認識がされにくい場合があります。

③周囲の雑音:雑音の多い環境ですとマイクが周りの音をピックアップしてしまい、認識度が低くなります。ノイズキャンレーションのマイクを使用するか、なるべく周りに雑音がない環境でご使用ください。

④機種のマイクの質:使用しているマイクロフォン自体の性能が悪いと音声認識が判定しずらい場合があります。一度、マイク設定画面で音声を入力して録音された音声をプレイバックしてみると質がわかります。

⑤ネットワークの不安定な状態:WIFIネットワークが安定しない環境の場合に音声がうまくプロセスできない場合があります。安定したネットワーク環境でのご使用をお勧めいたします。 

関連のページや質問:

>マイクが作動しません。